乾燥する季節は使い方に気を付けよう!レチノールA 1% – アドバンストリバイタライゼーションクリームでツッパリ→シワシワになってしまいました

スキンケア

夏場に毎日使用していた「レチノールA 1% – アドバンストリバイタライゼーションクリーム」。
効果抜群で手放せなかったのですが・・・。
↓その時の記事はこちら。

レチノールクリームはデメリットが大きい?使い方は?【レチノールA 1% - アドバンストリバイタライゼーションクリーム】
なんだか眠れない日が続き、暇つぶしに観ているうちにハマってしまった某有名メンタリストさんのYouTube動画。その中に「本当に効くスキンケア」とうい動画がありました。そちらの動画内でメンタリストさんがおすすめされていたのが今回紹介するレ...

しかし、涼しくなり乾燥が気になる季節になった途端、夏と同じように使用したらとんでもないことになってしまいました!

その時の状況をお伝えしようと思います。

↓使用した商品はこちらです

乾燥する季節にレチノールクリームを使ってみたら・・・

まず、ダウンタイムは使用した翌日ではなく、2〜3日後くらいに出てきます。
これは夏場も同じです。
2日後あたりからカサカサしてきたり、皮剥けが起きてきたりします。
夏は異変が起きた時点で1〜2日使用中止すれば肌が元に戻ったので、夏と同じように2日連続で使用してから様子見をしてしまいました。
しかし、それが大失敗!
乾燥する季節に2日連続で顔面一面への塗布は危険でした。

ツッパリ→シワシワに!

2日連続使用した翌日、なんか肌がつっぱる感じ。
その時点でレチノールクリームの使用は中止し、保湿も念入りにしたのですが、つっぱりは治らず更に翌日には悪化。
なんとまぶたに筋ばった引きつりジワが!
肌はヤワヤワしているくせにツッパってしまっているのでシワができる感じです。
一気に老けた気分。
老後のシワの出来方がシミュレーションできちゃいました。

恐ろしい…

ここで初めて、目の周りに使用するなという意味がわかりました。
(夏場は平気だったので普通に目の周りにも使用していた)
薄い皮膚がさらにヤワヤワになって引っ張られてシワシワになります。

それからしばらくレチノールは使用せず、保湿中心にケアして4~5日かけて元に戻りました。

保湿大事…本当に。

乾燥する季節は使い方に注意

それからは週に1回、デリケートな部分を避け、肌のくすみやシミなど気になる部分のみに使用するようにしています。

効果は絶大なので、毒にも薬にもなりますね。
しかし、こんなにも夏と冬で肌のコンディションが違うものかと実感しました。
また暖かくなってきたら徐々に回数増やそうと思います。

冬の間は心配なので、マイルドな作用のレチノール配合化粧品を使うのも手かも!?
ということで、毎日使用できそうな保湿力に優れたレチノール配合の化粧品を調べてみました。
良かったら読んでみてくださいね。

【副作用が心配な方へ】毎日使用できるレチノール配合のおすすめスキンケアアイテム
肌のターンオーバーを促すという点でレチノールの効果は絶大!そのため、シワやたるみ・シミやニキビへの効果が期待できるのです。以前記事に書いた「レチノールA 1% – アドバンストリバイタライゼーションクリーム」。こちらは効果絶大なのです...

コメント